子育て世代のおすすめ安全副業ブログ|副業術モバワク

【検証】モバワク(アンカーソン株式会社・代表篠崎昇)その実態を暴露!

人気のあるテクニカルの上手な使用法をマスターした初心者が海外FXのトレードの副業を続けるとプラスになる可能性が高い

time 2021/03/06

不安定になりがちな海外FXの儲けを安定させたいなら、得意なテクニカルを使った練習をデモトレードで繰り返して、実際の投資の時に長期間使い続けると上手くいきます。

特別なものではなく移動平均線のような普通なものでも海外FXには充分役立ちます。有名なテクニカルの中から一つだけ選んで自由自在にいつでも使えるようになるといいでしょう。

例えば、RSIが30%より下回ると売られすぎといったセオリーを知っておくと役立つことがあります。ただ、テクニカル的に買いと判断できても逆の動きになることはありえるのでのんきに構えていないですぐに損切をやれる用意を欠かさないことが海外FXの基本です。

また、ラインを引くことも海外FXの副業をする時に忘れてはいけないことの一つです。どんなにテクニカルに詳しくても詐欺被害にあってしまってはプラスにできないので、口コミを使った業者についての情報収集を怠らないで下さい。自分と同じ様に海外FXについて悩んでいる人が口コミに書き込んでいるので読むことで新しく気づけることが多いです。

詐欺被害にあう人は疑う気持ちが弱くて信じやすいので、口コミを読む時にも信用しすぎないで自分で検証をする習慣を忘れないでほしいです。テクニカルを海外FXに適用させるときには算出期間を何日にするか決めることになります。正しい算出期間に設定したRSIなら明確なシグナルを出してくれることがありえます。

高値と安値のラインを引いているチャートは分かりやすいのでおすすめです。短期RSIは緑にして長期RSIは赤にするといった直感的に投資判断ができるような工夫をチャートにするのが得策です。

長期RSIと短期RSIの位置関係を分かっておくことにはデメリットよりもメリットの方がはるかに多いのは本当です。2つのRSIがかなり離れてしまったたところが売買ポイントになります。長期RSIの動き方だけでなく短期RSIの位置も考慮して海外FXのトレードの副業を続けるとプラスになる可能性が低くはないです。

長期RSIと短期RSIがチャート上にある時に2つの線が何ポイント以上大きく乖離していれば買い時や売り時になりそうかを調べておくことが欠かせないです。ドル円は日本人が好んで取引する通貨ペアですが、あまり動かないことが特徴なのでもっとよく動くポンド円などへも投資金を使うのが大切です。どのポイントで下げ止まっているかを過去のローソク足で確認してから上昇トレンドに入るタイミングを探ることがセオリーです。